ブログ

老化物質測定会 AGE値の測定なり。


先日「老化物質測定会」なるものに行ってきました。

AGE値を測ります。

「AGE」って?

終末糖化産物というらしいです。

「終末糖化産物」って?

過剰な糖分がたんぱく質と結びついてそこに熱が加わった時にできるもの。

 

そこでいただいた冊子の中で特にAGEが高かったもの見て見ると。。。

うわ、美味しいものがたくさんあります。

料理ではカルボナーラがダントツにトップでした。

 

最近「糖質制限」という言葉をよく聞きますが、

糖質制限した方がいい。

糖質制限は良くない。

いろいろ言われます。

 

そのあたりのお話も、ちょうど

4月講座「体質改善のためのボディークリーム&ティー」のテーマに関係しますので

参考にお話したいと思います。

 

今は「さび」より「こげ」が怖いらしい・・・・・・・・・・。

 

4月講座のご案内「体質改善のためのボディークリーム&ティー」


4月22日(日)、24(火)10:00~

「体質改善のためのボディークリーム&ティー」

参加費:2500円

自分の体質を診断して、その体質に合った精油を選び、

チンキ剤で作るクリームを体験します。

これから肌を露出する季節。

春の乾いた空気に負けないしっとりお肌を守りましょう。heart01.gif
以前の講座で作ったチンキの応用です。

そして、体の内側からもアプローチする体質改善ティーも試飲します。

ぜひ、ご参加くださいね。confident.gif

イタリアンパセリモリモリ


うちの、ほんの畳一畳ほどのハーブコーナー。

色々なハーブが芽を出したり、緑が濃くなってきたり、

日に日に大きくなっています。

そんな中、イタリアンパセリが異常に元気で・・・。

生で食べるには硬くて、なのでドライにしようと思い、

半分摘んで教室に。(教室はホント!乾燥してるんです。)

 

なかなか乾燥しないかなー・・。

こういうときはレンジがあるといいかもねー。

 

・・・・うちには電子レンジガないのでス。

 

花粉症対策ジェル&対策ティー

花粉症対策ジェル&対策ティー。
講座にご都合の合わなかった方、
それ以外でも受け付けていますので
どうぞいらしてください。
お時間がなければジェルを作るだけ、ハーブティーだけでもお分けできますよ。

セルフメディケーションと痛み。27日の新聞から。

 
27日の中日新聞にハーブとアロマテラピーの可能性を感じる記事が載っていました。

1つは、幼児期に予防注射などで痛みや不安を強く感じると、

将来、痛みや恐怖に過敏になることがあり、

そのために東京の、あるクリニックでは、

おもちゃやビデオで子供たちの気をそらして、痛みを減らす工夫がされ始めたそうです。

さらに昨年から希望者には、塗る外用局所麻酔剤が使われているとのこと。

私も歯が痛くなった時などによく即席で鎮痛クリームを作ってとても助かっています。

アロマテラピーの出番ですね!

精油には鎮痛作用や軽い麻酔作用を持つものがあります。

小さい子供たちが痛みのトラウマを抱えないためにも

過大な不安や恐怖を感じないためにも

アロマテラピーをお役に立ててください

 

もう一つの記事は、

日本の医療制度の危機、という観点から

軽い症状の場合は「家庭薬」で早めに対応しましょう。というものです。

自分で自分の健康を管理をしようということですね。

ハーブやアロマテラピーは家庭の「自然」の薬箱です。

症状を緩和するためだけでなく、予防に力を発揮します。

ぜひバンドエイドや包帯の隣に自然の薬箱もshine.gif
 

新聞にあった2つの記事は、まさにこれだ!というものでした。

ハーブやアロマテラピーがもっと普通に、

もっと一般的に広がるといいなと本当に思います。

「え?モーニングアタック?」花粉症対策講座の後に・・・。


昨日は、春もまじかな2月終わりの講座。

いよいよ季節が来たな。という花粉症についての講座でした。

日常生活に支障をきたす!ほどでなくても悩ましい症状を何とか軽く出来るように

アロマとハーブでできる花粉症対策をご紹介しました。

 

と、次の朝、

目が覚めて起きようかという時、

「ゲホ!ゴホ、ゴホ、ゴホ!ゲホゲホ。」

え~!?きのう話してたばかりのモーニングアタック~?!

ついに私も?!

「モーニングアタック」は、副交感神経の活発な時に起きるもので

睡眠明けの朝方に良く起こることからそういわれます。

ゲホゲホしながらも身支度をととのえ出かける準備をし、

仕事先につく頃には治まっていました。

交感神経が優位になったのでしょうか?

私もいよいよ対策ジェルを作って置いた方がいいかな?

アロマとハーブでできる花粉症対策

 
花粉症に悩まされる時期がやってきました。

花粉症対策では早い時期から手を打つのが有効とされるので

もうすでに薬を飲んでいたりする方もいらっしゃるかと思います。

 

でも、なるべくなら、できるだけ、

「薬」を飲まずにいられるなら・・・。

 

そんな風に思っているなら、試してみませんか?

 

これで劇的に改善するわけではないかもしれません。

けれども実際に症状が軽くなったという声があるのですから

試してみる価値はあります。

 

次回の講座は、そんな、自然療法に関心のある方にもおすすめです。

アロマテラピーで使う精油と、ハーブの力をぜひ、

知って頂きたいです。

 

自然のパワー。

それは植物だけでなく、自分自身が持っている

自然治癒力をも指します。

どうにも我慢できない重い症状には、もちろんお薬が強い味方です。

でも、それをずっと続けていくのか、

徐々にではあるけれど減らしていこうとするのか。

身体への種々の負担を考えると、

違う方法があるならダメもとで試してみませんか?

 

「アロマとハーブでできる花粉症対策」

2月25日(日)10:00~

27日(火)10:00~、 13:00~

参加費:¥2500

ご参加をお持ちしています。

体験講座で思うこと。~アロマテラピーとメディカルハーブ。

Fotolia_71273585_Subscription_XXL-240x159    
インザガーデンでは、それぞれの方にあったものを受講していただけるように

色々な講座をご用意していますが、

「体験講座」を受けて頂くと、いつも初心に戻る、

というか戻らせてもらっています。

受講者さんの興味津々の顔(^^)/

知らないことを知ったときのキラキラした目✨

クラフトを作る時の、実験みたいでワクワクする感じflair.gif
 

好きなことを一緒に学ぶ楽しさを感じます。

 

体験講座を受講される皆さんは動悸はさまざまですが、

新しいことに興味を持った時が始め時!

1年は始まったところです。

新しい世界への扉をあなたも開いてみませんか?

今の、将来の、自分のために。

 

リップクリーム作り

  
 

1月講座「植物油を知ろう」。

アロマテラピーで使う代表的な植物油との紹介と、

体に良いといわれる、「食」としての植物油のお話とちょっぴり試食、

の一日でした。

アロマテラピーで使われるオイルの中には

ローズヒップやイブニングプリムローズのように

サプリとして販売されているものもあります。

皮膚に塗布しての外用と直接体に取り入れる内用と、

うまく組み合わせて使いたいものですね。

 

食べる油の重要さは最近は良く知られてきているのですが

言葉だけ知っていてもそれがどういう意味なのか、までは

なかなか深く追及できません。

例えば「オメガ3」の油を多く摂りましょう。といわれます。

オメガ3って何??って思ってしまいますね。

調べていくと、どこまでもきりがなくて、

体の仕組みの不思議さやすごさにいつも驚かされます。

 

今回の講座では、良い油を、せっかくなのでさらにパワーアップさせて

色々なハーブを漬け込んだハーブオイルとして食べ比べて見ました。

 

まだ寒い寒い時期ですが、早々と春夏のハーブの季節を思ってしまいます。

 

そして、カラカラ季節に負けないように、

ミツロウとホホバ油のリップクリームを作り、

今年最初の講座を終了しました。

皆様、今年もアロマとハーブで元気に1年過ごしましょうね。

しばらくお会いしてない方々もお元気かな?

またお顔を見せてくださいませ。happy01.gif
 

 

 

▲TOPへ