ブログ

講座のお知らせ

 

 

 

講座のお知らせです。

生活に役立つ抗菌アロマテラピー

2月16日(火)、21日(日)10:00~

 

今年はインフルエンザの流行が₁か月遅いそうですね。

暖かかったからでしょうか。

風邪やインフルエンザやノロウイルス。

この季節もいろんな感染症が私たちを襲ってきます。

そんな時、アロマテラピーが手助けしてくれます。

アロマテラピーの主役は精油ですが、

どんな時にどんな精油をどんなふうに使ったら効果的か、

精油にはどんな働きがあるのか。

自分のお気に入りの香りを見つけながら

私たちの周りの細菌やウイルスから身を守る方法を

ぜひ知ってもらいたいです。

参加費2500円。

 

何を一緒に作ろうか、ただいま思案中です。icon_rolleyes.gif

ちなみに冒頭の写真は「アロマな石鹸」デス。

手作りクリーム

精油で作るアロマなクリームheart.gif

容器にも凝りましょhappy01.gif

以前に講座で使ったピルケースが残っていましたので、

作ったクリームを入れました。

容器がいいと「上り」ますね。wink.gif

 

こちらは夜用に、ちょっとリッチテイストにしましたよ。

乾燥を防ぐシアバターも配合、あとはホホバ油とファーナス油。

水ベースには「若返りの水」でお馴染みの、ローズマリーのハーブウォーターを。

ハーブウォーターは賞味期限が短いので、開封したらせっせと使わねばなりません。

そして、乳化させてクリームの出来上がりです。

こちらも慣れれば簡単、それぞれ温めて混ぜるだけです。

クリームの硬さはミツロウや乳化剤の量などでお好みに調整出来ますよ。

そうそう、肝心の精油はというと、

ローズウッド、パルマローザ、ゼラニウム・エジプト、ローズマリー・ベルベノン、その他です。

シミも気になるのでセロリも入れて。

2%濃度にしました。欲張りです。

 

手作り化粧品は、防腐剤等が入っていないので

使い切れる量を少量づつ作ること、

清潔な道具、手で扱うこと、

冷暗所に保管すること、

など、いくらか気をつけたいことはありますが

自分の好きな香りで化粧品を作るって

ワクワクしますよheart04.gif

 

 

シワに良い・・・。

アメブロに書いたジェルですが、

そこに使ったフランキンセンスとヘリクリサムについてご紹介します。

フランキンセンスはご存知、「乳香」の呼び名で古くから宗教的な側面から語られ、

精神面での作用を期待した使い方が多い精油ですが、

主体の成分は樹木に多く含まれるもので、居ながらにして森林浴ができる精油ですwink.gif

森林浴の効果はすでに実証されているように、血圧が下がったり、血流が増加したり、

興奮を抑えて、副交感神経を活発にしたりと、体に対しての働きが優れているんですね。

それが結果、精神にもいいわけですが、

それだけでなく、

傷を治してくれる作用や、抗アレルギー作用も持っていて、

キーワードは「鎮め、癒す」でしょうか。

 

もう一つの精油、ヘリクリサムはもう、「アザにはこれ!」という一本です。

血腫抑制作用や血液凝固阻止作用はこの精油の大きな特徴で、

適用例は数知れず・・・。

打撲、骨折、むくみ、関節炎、セルライト、床ずれ、・・・

キーワードは「溶かし、流す」でしょうか。

ただしこの精油は、

妊産婦さんや、乳幼児、てんかん患者の方は注意が必要です。

それから、血液サラサラの薬を飲んでいる人は使用しないでくださいね。

 

ヘリクリサムの香りは何とも言えない香りで、以前は苦手でした。

でも最近、「柔らかい」という印象を強くしています。ロットにもよるのかもしれませんが、

においの印象はどんどん変化していきますね。

 

さてこの二つの精油にプラスしたのは、やっぱりicon_biggrin.gifラベンダー。

「滞りを流して、血液の流れを良くし、細胞の再生を図る」ことを目指しますicon_lol.gif

 

ジェルと一緒にクリームも作ったので、次回ご紹介しますね。

 

そして、講座のお知らせです。

『生活に役立つ抗菌アロマテラピー』

生活の中でアロマテラピーを実践してもらいたくて、

いろんな方法で利用できるんだというところを

ご紹介したいと思っています。

「抗菌」というのはその意味で取り入れやすくて効果も実感できると

思います。ぜひご参加ください。

2月16(火)、21(日)   10;00~      参加費2,500 円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ようこそアロマバーに。

今年最初の「お客様」がアロマバーに「来店」されました。

「いらっしゃいませ。」

 

珍しく男性の方です。

2種類の香りを作りたいとのこと。

一つは人に好印象を持ってもらえるような香り。

もう一つはマイカーで使うための香りです。

 

いろいろなお話をしながら、

シダーをベースにしたものと、柑橘系の香りを

チョイスされました。

シダーベースのものは奥深いいい香りで、

男性的な面にささえられた、繊細で洗練された感じ?

1か月後の熟成も楽しみなブレンドでした。shine.gif

柑橘ベースはもう「てっぱん」ですから間違いなくいい香りです。

 

香りのブレンドは本当に難しいですね。

やってもやっても自分の思い通りになりません。weep.gif

 

 

皆さんも自分だけの香りを作りにアロマバーにご来店ください。

たくさん揃えるのも大変だし、自分ではなかなか買えない高価な精油も

1滴2滴ならお安いもの。

 

アロマバーでは手軽にアロマクラフトを作っていただけます。

金額も初回は一律1500円。

なくなったら買いに行く日用品のように

皆さんの暮らしに溶け込んでいけるとうれしいです。

 

仕事に疲れた時、人間関係で悩んだ時、体調が今一つの時。

眠れない夜に、やる気の出ない朝に。

香りにちょっと頼ってみるのも案外効果を発揮するかも。wink.gif

 

では、今年もたくさんのアロマをご用意して皆様のご来店をお待ちしています!happy01.gif

あけましておめでとうございます。

ちょっと遅くなりましたが、

 

本年もよろしくお願いいたします。confident.gif

 

年明けの4日に開館して初めて岐阜中央図書館に行ってきました。

岐阜県美術館の館長に就任した日比野克彦さんと日本画家の神戸智行さんの

トーク&ドローイングライブがあり、

おもしろかったですよ。

       写真は、出来上がった作品に日比野氏と神戸氏がサインをしているところです。

二人が「丸」を一つずつ書き足していくというもので、完成写真は間違って消去してしまいました・・・coldsweats02.gif

 

この催しは、図書館主催の「大人の夜学」というイベントの第二回目、

次回「如月」の会は全国でも珍しい、幇間、喜久治さんによる「かざりゑぼし」の舞とその秘話です。

こちらも楽しみですが、

この「大人の夜学」シリーズは「岐阜にいるのに知らなかった岐阜を知る」

という趣旨のもと全4回行われます。「弥生」の会は古墳ですよ。

申し込みだけで参加費無料です。

新図書館は建築もかっこいいですが、今までになかった新しい取り組みがたくさんあり、

生き生きした感じがします。

閲覧コーナーもホテルのロビーのようでゆっくりできそう。

コンビニも入って、飲食可能、半日いてもいいくらいでした。happy01.gif

ちょっと、金沢の21世紀美術館のような雰囲気もあり・・・。

まだ行っていない方はぜひ行ってみたください。wink.gif

 

そして、きょう、商工会議所関連で、「こるも」というフリーペーパーの取材を受け、

今日が仕事始めということになりました。

今年もアロマテラピー、ハーブのことを皆さんにたくさん知ってもらえるよう

ブログもちゃんとやっていきますのでhappy02.gif

どうぞよろしくお願いいたします。

 

クリスマスマーケット

きょうは、キャンドル作家の友人のお手伝いで

アクティブGで開催中の「クリスマスマーケット」に

行っていました。

リースやアクセサリー、木工作品などが並び、

ホールではコンサートも開かれ、にぎやかでしたよ。bell.gif

 

友人のキャンドルは、自分の庭で育てた花々を

キャンドルに閉じ込めたオーガニックキャンドルです。

彼女のセンスの良さはいつもうらやましい。happy01.gif

特に色彩感覚が素晴らしいんですよ。

 

明日も半日、お手伝いに行ってきます!

クリニックアロマ

                      

 

久しぶりのクリニックアロマ便りです。coldsweats01.gif

いよいよ12月も間近になってしまいましたねー。

ということで、いつもぎりぎりになってしまうので今年は早めに

クリスマス物?を作りましたよ。

シナモンスティックを使って、小さなリースやガーランドを

皆さんで作りました。

それぞれ個性が出るからクラフトは楽しいconfident.gif

もう一つ、松かさに羊毛を丸めて笠の間にはめ込み、

小さなツリーも作りました。

羊毛は、岐阜の畜産センターの羊さんの毛です。

それを、ウコンやヨモギで染めた物を使用。

(私、羊クラブに入ってるもんですから。

今度はフェルトでチクチクもやってみたいですね。)

 

シナモンは強壮、刺激作用があるので元気になれますように。

そして、ガーランドはしばらく飾ったら、クリスマスに取り外して

スパイスティーにして召し上がれheart.gif

うつと食

先日、「全く違う病気なのに認知症と誤診され、長い間薬の服用を続けても改善せず、

副作用にも悩まされている人が多い」

という記事を読みました。

その後、ちょっと古い号ですがアロマトピアを読んでいましたら、

「単なる栄養欠損または偏りによる症状を呈しているだけである。

と思われる方が大部分であるにもかかわらず、強い抗うつ剤を連用し、

手放せなくなっている現状がある。」

という植物療法の連載を見ました。

アンダーラインが引いてあるので確かに読んだはずですが、

すっかり忘れていますicon_eek.gif

記事の内容は、

・心身の不調を抱える人の食傾向、

・身体と心を作る栄養、

・うつの予防と改善のためにできること

 

私たちの身体は当然のことですが、「食べた物」でできています。

きょう、きのう、去年、三年前、長い長い積み重ねによって

今の細胞の在り方が決まっています。

(先週の健康診断では善玉コレステロールが多くて、ほっと一安心。)

 

栄養の取り方を考えるとき重要なのは、酵素である、と言います。

酵素を働かせるためにはビタミン、ミネラルが必要になってくるんですね。

うつの症状にはセロトニンが鍵になっていますが、

これが放出されるにはカルシウムが必須ということです。

そして、カルシウムが機能を発揮するにはマグネシウムが必要であると。

また、吸収スピードの速い糖、ブドウ糖、果糖などを半年以上摂り続けると

低血糖症に陥り、血糖値の乱高下がインスリンの過剰分泌を促し肥満になり、

さらに肝臓ではコレステロールが作られなくなるため低コレステロール状態になり

脳への供給が減って、セロトニンの機能が異常をきたし、心のバランスが乱れて

結果、「うつ」の症状に陥る。

ほかにもいろいろなビタミン、ミネラルが心を支えているということが

具体的にわかりやすくまとめてあります。

 

うーん、全部つながっていますね。

結局は、季節の食物を新鮮な状態でまんべんなく、

なるべく精製せず、よく噛んで腹八分目に食べる。

ということですね。

こう言ってしまうと身もふたもないですが。

 

興味のあるかたは、フレグランスジャーナル社のアロマトピア96号をご覧ください。

インセンス

     JHSの会報誌を見て、セージのインセンスを作ってみました。

材料はドライのセージ、フランキンセンス樹脂、ハチミツ、

精油はサンダルウッド、ミルラです。

試しにざっと作ったのでまるで「カッパドキア」。coldsweats01.gif

実を言うとインセンスは初めて作り、いざ火をつけてみると

「煙っ」

とても室内では使えません。

セージの粉末が荒かったのか・・・。

精油の選択も誤ったか・・・。

はちみつが少なかったか・・・。

フランキンセンスもセージも感じられません。

ラベンダーを2滴ほど垂らしてもう一度火をつけると、

やはり・・炎が上がり、黒煙が。

 

また作り直してみます。

 

 

ゴマごまマルシェ

  来週20.21日はセザムさんのマルシェです。

私はアロマ石鹸と、キャンドルを出品します。

あまりこういうイベントに出店したことがないのでいろいろな人に会えるのも楽しみです。

30周年記念だそうですよ!shine.gif

おいしそうなお店やタロット占い、カラーセラピーの方もみえます。

キャンドル作家さんや羊毛作家さん、お話も楽しそう。

豪華景品が当たる福引もあるそうで、ホントに豪華なんです。

皆さん、ぜひ遊びに来てくださいね。happy01.gif

 

▲TOPへ