ブログ

ラベンダー ~愛用者さんからのご報告♡


先日、うれしい報告がありました。

かねてよりラベンダー・アングスティフォリアの愛用者であるSさんから、

「すごいやぶ蚊に刺されて、いつもなら薬を塗るところですが、

ラベンダーを塗ったら全然かゆみも感じることなく!改めてラベンダーの力に感動です。」

とのメールが届きました。

それも、原液を一回、そして馬油とのブレンドを一回、たったの2回ですよ。

素晴らしいshine.gif
 

ラベンダー・アングスティフォリアに治療特性としての『鎮掻痒作用』というものは

特に述べられていませんが、

ラベンダー・アングスティフォリアが多く含有しているエステル類には

肌の炎症を抑える働きがあります。

そのためアレルギー性皮膚疾患などにも多く使われます。

エステル類といえば鎮静作用からリラックス成分の代名詞のように思われがちですが、

肌に対する作用にも嬉しい働きがありますね。

もう一つの主要成分であるモノテルペンアルコール類と合わせて

肌疾患全般に有効な働きを期待できます。

いろいろな雑誌や本などで

「ラベンダーの効用は○○○○・・・」とありますが、

含有成分からのアプローチも、精油を使いこなす1つの方法です。

 

暑さもようやくやわらぎ、秋の気配が1日ごとに漂ってきていますね。

夏のざわざわから落ち着いて、香りをしっくりと心に刻んでみるのも

これからの季節、いい時間の過ごし方ではないでしょうか。confident.gif
 

 

抗菌と虫よけ、だけじゃない!~OKB、KIX講座

先日8日に大垣にて出張講座をしてきました。

大垣共立銀行の利用者の方の会員講座です。

テーマは

「精油で作る虫よけスプレーとハーブ香る抗菌ボディパウダー」heart.gif
 

夏休みとあって、「夏休みの宿題に。」と参加される方もいらっしゃいました。

あ~、大変ですよねー、夏休みの宿題・・・。

 

さて、今回はどんな風にアロマテラピーやハーブのお話をしようかなと

色々考えて、精油の作用はもちろんですが、

使い勝手の良さや、利点についてもお話ししました。

でもこの季節に一番に感じるのは

好きな香りに自分でブレンドできること!

夏の1日って、刻一刻と気分、調子が変わりません?

暑くてぐったりしているときは

シャキッとするミント系やレモン系の香りに。

ちょっと疲れてるかなというときは優しいフローラルな香りに。

残った仕事を片付けたいときはやる気アップのハーブ系。

そして眠る前のひと時の時間には。。。。

これは好みですね!confident.gif
でももし「なかなか眠れないな~」というときは

『誘眠作用』といううれしい作用を持った精油もありますよ。

 

ん?テーマは抗菌と虫よけでしょ?と思った方。

これが精油のありがたく素晴らしいところです。

こんな、

自分の好きな香りが選べて、抗菌作用や昆虫忌避作用がありながら

ほかにもいろいろな作用を持っているのですよー。

例えばラベンダー。

ひとくちにラベンダーといってもさまざまなラベンダーがあります。

アロマテラピーで一般的によく使うものは

「ラベンダー・アングスティフォリア」でしょうか。

でも今回のテーマの「抗菌・虫よけ」でいえば、

「ラベンダー・スピカ」の方が適していますね。

同じラベンダーでも品種によって含まれる成分が違うので

当然匂いも作用も違ってきます。

そして、「アングスティフォリア」なら、

鎮静作用があり、お休み前のリラックスタイムにぴったりですし、

お肌の細胞を再生してくれる嬉しい作用まで。heart02.gif
かたや「スピカ」なら、

殺菌作用が強くて、虫刺されにはもってこいの抗毒素作用や、

傷跡を優しく癒してくれる作用、

免疫力に働きかけたり、まだまだいっぱい!

もう本当に精油の一滴の力に秘められた力は計り知れません!

ちょっと大げさですが。happy01.gif
 

今回はクラフトやらデザートやらハーブティやらで大忙しでしたので

詳しいお話ができませんでしたが、

また機会がありましたら、もっともっとアロマテラピーやハーブの

うれしい効果や使い方を皆さんに知ってもらいたいです。shine.gif
参加者の皆さん、ありがとうございました!

 

 

お掃除アロマ。

暑い暑いsweat01.gif



皆さん体調崩していませんか?

こんな毎日では何もやる気がしないですが、

水仕事は冷たくて気持ちがいいですよね。

うちの台所の正面窓はタイル張りで、

時々、精油と重曹を混ぜた「フリフリパウダー」を使って磨きます。

 

こんな暑い時はやっぱり、

抗菌作用のティートリーや虫よけ作用のあるレモングラスがいいですね!

磨いてピカピカ、匂いもスッキリ、気力がアップして虫も来ない(かもwink.gif)。

 

怒涛の?投稿②セミ


夏も本番中の本番、

薬草園でポポーの幹にたくさんの、

これなんてセミ?ミンミンゼミより小さい抜け殻がいっぱいくっついていました。

50センチくらいにざっと10個!

写真ではわかりにくいですが、ほんと、1列に並んで順番に羽化していったんでしょうねー。

他のポポーにも抜け殻があり、

このセミはポポーがお気に入り?

 

怒涛の?投稿①:暑い季節のジェル使い

なんの不具合かわからぬままブログにアップができませんでした。

そして急にできるようになり・・・。

もう・・・・・・shock.gif
で、たまっていた話題をドッとアップしちゃいます!

 

さてさて、

先日は久々の月講座でジェルを実験的にあれこれ混ぜてみる、という内容でした。

  
水性ジェルに水ベース、オイルベース、シアバターなど、比率を変えて混ぜてみましたよ。

 

ナードの会報誌に載っていた記事を参考にしましたが、

ジェルの特性からか、オイルを20%混ぜても分離しませんでした。

よく混ぜているとカスタードクリーム状になり、いい感じ。

水ベースでは、ジェルにどんどん水を足していっても基本的なとろみ具合は大差なく、

どこで「よし」とするかは好みの問題のようでした。

また、オイルと水とジェルという組み合わせも、程よい保湿感があり、

私はよく作りますのでご紹介しましたよ。

シアバターもやってみましたが、やはり夏場より、秋冬向けのアイテムですね。

いつも決まった量で作っているので、このように段階的に確認できたのは

私自身もとても勉強になりました。diamond.gif
 

ということで、色々混ぜてみた結果、各自の好みのテクスチャーで

1、ジェル+オイル、2、ジェル+ハーブウォーターの

2つのアロマアイテムを作ってもらいました。

今後のクラフト作りの参考にしてくださいね。good.gif
いつもながら写真のタイミングを逃し、最後のハイビスカスゼリーも

ノーフォト・・・。wobbly.gif
でもいつものように楽しい講座でした。

ありがとうございました。confident.gif
次回、8月はお休みしまして、9月にまたお会いしましょう。

 

 

 

 

精油の鎮痛作用・・・すごい!

 歯が痛み出すと私はすぐに精油の「鎮痛クリーム」を塗ります。

歯茎に塗るわけではなく、ほっぺに塗るんですが、これが本当に効くんですよ!

先日も嫌な感じがしてすぐに塗ると、ほんの10秒ほどで痛みが引きました。

これには自分でもびっくり。クリームのせいではないかも。と思いましたが、

しばらくしてまた痛みの兆しが・・。

そこで再びクリームをぬりぬりすると、またもや痛みがスー・・と消えたんです。

その後、痛みだすことはなく、そのまま忘れてしまいました。

 

精油の鎮痛作用には2つの経路があって、

1つは炎症を直接抑える経路。もう一つは神経からアプローチする経路です。

ナードの小辞典では作用の強さをを星の数で表していて、とても頼りになります。

私の鎮痛クリームも星の数から拾って、とにかく早く良くなることを第一にしていますが

同時に好きな香りを作ることが出来ていうことなし!なのですよ。

本当に精油ってすごいな。

 

今月の講座のお知らせ

7月28日(日)、30日(火)10;00~

「暑い季節のジェル使い」

 

スメルハラスメント?緊急。

先ほど液体の洗濯用洗剤で洗濯したものを干そうと、

広げておりまして、

「ふーん、この洗剤はこういう匂いね・・・」

と思っておりましたら、

何やら気持ち悪くなってきて・・・!

そのまま干していたんですが、さらに気分が悪くなり。

これはいかん、と慌ててティートゥリーの精油のふたを開けて

周りの布にボタボタたらしました。

 

これって、もしかして

スメルハラスメントですか??

買ったばかりの液体洗剤、もう使えない。。。。。。。。。。。。。

ちなみに今までは粉状の洗剤使ってました。

 

 

べたつく季節のジェル使い~ナードジャパン会報誌より


ナード会報誌では「遊んで!試して!!ベイシック♪」という記事の中で

毎回いろいろな試みをしています。

今回の特集は「べたつく季節のジェル使い」。

今年の梅雨は雨が少ないなー、なんて思っていたらここにきて

災害レベルの雨が降り出しましたね。

心配な地域も多く、何とか例年通りの梅雨で終わってほしいと願います。

 

今月・・・、(もう7月になってしまいましたsweat01.gif

今回は「疑問を色々試してみよう!」ということで

会報誌にあったジェルの使い方をもう少し広げて

実際にあれこれ作ってみたいと思います。

ジェルは、オイルにも水にも混ざりやすくて使い勝手がよく、

私も好きな基剤で良く使います。

特にじめじめしたこの時期やこれからの暑い季節には

「オイルはちょっと。。。」という感じになりますよね。

そんなときにジェルを使うことでベタベタギトギト感がなく、

さらっとして、しかもしっとり潤うジェルはホント、ありがたいです。confident.gif
でも混ぜるときに、オイルと水と、どれくらい混ぜたらいいんだろう・・。

そもそも、混ぜていいの?なんて声もちらほら聞こえたりします。

そこで、アドバイザーの香りのレッスンで行うように

比率を順番に変えて混ぜていき、どんな状態になるのか見ていきます。

香りのレッスンでは、例えばラベンダーとベルガモットの精油を

1:9~9:1というようにブレンド比率を変えて香りの変化を見る。

ということをします。

同じように、

ジェルとオイル、ジェルと水分を比率を変えて実際に混ぜていきましょう。

どの比率の時にどんな状態になるか。

会報誌ではシアバターも使っていますね。

 
一度やってみると、今後のアロマクラフトの参考になると思います。

そして、最適な比率のジェルクリーム?をお土産に。heart01.gif
たっぷり使ってくださいませ。

7月28日(日)、30日(火)10;00~11;30

「暑い季節のジェル使い」 参加費2500円

冷たいハーブティーと一緒にご参加お待ちしています。confident.gif

7月講座は、暑い季節のジェル使いです。

6月も終わろうとしています。今年も半分が過ぎたんですね!

しばらくお休みしていました月講座を再開します。

7月は今回のナードの会報誌に掲載されていました、ジェルを使った講座です。


7月28日(日)、30日(火)10;00~11:30

詳しくは後程またお知らせしますね。

これから朝ごはん作りますicon_razz.gif

ティートゥリーの花

 薬草園では、ちょっと珍しいティートゥリーが咲いています。

といってもすいませんsweat01.gif少し前なので現在は花が終わりかけています。

 ふわふわとして、「ブラシの木」と同じ種類だそうですね。

 

アロマテラピーではラベンダーに並んでお馴染みの植物ですが、

本物の生きた姿を見る機会ははなかなかないのではないでしょうか。

抗菌性などで、この梅雨の季節に重宝します。

 

ティートリーは精油の性質としては

どちらかというと「強壮・刺激」の方ですが、

私自身はアロマテラピーを勉強し始めてからこの香りが好きになり

今では「癒し系」です。wink.gif
香りの感じ方は本当に人それぞれですね。

1 / 1812345...10...最後 »

▲TOPへ