2018年2月の一覧

セルフメディケーションと痛み。27日の新聞から。

 
27日の中日新聞にハーブとアロマテラピーの可能性を感じる記事が載っていました。

1つは、幼児期に予防注射などで痛みや不安を強く感じると、

将来、痛みや恐怖に過敏になることがあり、

そのために東京の、あるクリニックでは、

おもちゃやビデオで子供たちの気をそらして、痛みを減らす工夫がされ始めたそうです。

さらに昨年から希望者には、塗る外用局所麻酔剤が使われているとのこと。

私も歯が痛くなった時などによく即席で鎮痛クリームを作ってとても助かっています。

アロマテラピーの出番ですね!

精油には鎮痛作用や軽い麻酔作用を持つものがあります。

小さい子供たちが痛みのトラウマを抱えないためにも

過大な不安や恐怖を感じないためにも

アロマテラピーをお役に立ててください

 

もう一つの記事は、

日本の医療制度の危機、という観点から

軽い症状の場合は「家庭薬」で早めに対応しましょう。というものです。

自分で自分の健康を管理をしようということですね。

ハーブやアロマテラピーは家庭の「自然」の薬箱です。

症状を緩和するためだけでなく、予防に力を発揮します。

ぜひバンドエイドや包帯の隣に自然の薬箱もshine.gif
 

新聞にあった2つの記事は、まさにこれだ!というものでした。

ハーブやアロマテラピーがもっと普通に、

もっと一般的に広がるといいなと本当に思います。

「え?モーニングアタック?」花粉症対策講座の後に・・・。


昨日は、春もまじかな2月終わりの講座。

いよいよ季節が来たな。という花粉症についての講座でした。

日常生活に支障をきたす!ほどでなくても悩ましい症状を何とか軽く出来るように

アロマとハーブでできる花粉症対策をご紹介しました。

 

と、次の朝、

目が覚めて起きようかという時、

「ゲホ!ゴホ、ゴホ、ゴホ!ゲホゲホ。」

え~!?きのう話してたばかりのモーニングアタック~?!

ついに私も?!

「モーニングアタック」は、副交感神経の活発な時に起きるもので

睡眠明けの朝方に良く起こることからそういわれます。

ゲホゲホしながらも身支度をととのえ出かける準備をし、

仕事先につく頃には治まっていました。

交感神経が優位になったのでしょうか?

私もいよいよ対策ジェルを作って置いた方がいいかな?

アロマとハーブでできる花粉症対策

 
花粉症に悩まされる時期がやってきました。

花粉症対策では早い時期から手を打つのが有効とされるので

もうすでに薬を飲んでいたりする方もいらっしゃるかと思います。

 

でも、なるべくなら、できるだけ、

「薬」を飲まずにいられるなら・・・。

 

そんな風に思っているなら、試してみませんか?

 

これで劇的に改善するわけではないかもしれません。

けれども実際に症状が軽くなったという声があるのですから

試してみる価値はあります。

 

次回の講座は、そんな、自然療法に関心のある方にもおすすめです。

アロマテラピーで使う精油と、ハーブの力をぜひ、

知って頂きたいです。

 

自然のパワー。

それは植物だけでなく、自分自身が持っている

自然治癒力をも指します。

どうにも我慢できない重い症状には、もちろんお薬が強い味方です。

でも、それをずっと続けていくのか、

徐々にではあるけれど減らしていこうとするのか。

身体への種々の負担を考えると、

違う方法があるならダメもとで試してみませんか?

 

「アロマとハーブでできる花粉症対策」

2月25日(日)10:00~

27日(火)10:00~、 13:00~

参加費:¥2500

ご参加をお持ちしています。

▲TOPへ