2017年11月の一覧

OKB農場グリーン講座、最終回です。

本日はOKB農場グリーン講座の最終回。

今回のテーマは「カレンデュラ」です。

日本ではキンセンカといわれたりしてなじみのある花ではありますね。

 

田んぼや庭先でよく見かける花ですが、

私自身は母親がよくお供えにしていた、いわゆる「仏壇の花」という印象が強く、

正直、あまりいい印象は持っていなかったのです。

でも、ハーブを勉強するようになって、

カレンデュラのすごい薬効に驚かされました。

「うちの庭の、あのキンセンカが・・・。」という感じです。

 

きょうはこのカレンデュラの薬効などを知ってもらい、

それを使って、石鹸とハンドクリーム作りです。

石鹸は湯煎で溶かして成形するタイプ。

カレンデュラを混ぜ込み、殺菌、抗菌作用をもった精油も入れますよ。

 

そして、ハンドクリームは、

前回に仕込んだカレンデュラの浸出油を使います。

クリーム状の柔らかいタイプにしますのでカモミールのハーブティーも少々。

油と水を合わせるにはひたすら混ぜる、混ぜる!


そうすると、段々とポッタリとして来ます。

お肌のための精油を入れますが、

ここぞ、という感じできょうはローズの精油もね♡

仕事の疲れや手を酷使する毎日の手当てに役立ちますように。

 

それぞれの香りに癒されながら作る、ハンドクリーム。

混ぜているときは無心になれ、私はなかなか好きな作業なのです。

オイルやミツロウ、水分、その他ハチミツやバター類の配合によって

色々な硬さや使い心地に創ることができます。

組み合わせはとっても多彩で、いつも飽きませんね(o^―^o)。

 

さて、このグリーン講座では、春から半年にかけて

ハーブの魅力をお伝えしてきたつもりですが皆さん、楽しんで頂けましたでしょうか。

まだまだ知ってほしいこと、気をつけてほしいこと、いっぱいあります。

また皆さんにお会いできる日を楽しみに、

受講生の皆さま、農トレさま、OKB総研さま

ありがとうございました。

 

なめこなの?

 
そういえば、薬草園の枯れ木置き場にこんなの生えてきました。

これはもしかしてなめこ?

半信半疑で食べる勇気がありません。happy02.gif

本日は「アロマバーを作ろう♪」

 11月の講座は「アロマバーを作ろう♪」。

いつもと違って、「スローライフクラブ」的(最近全然やってませんね(;^ω^))な講座になりました。


 


自家製のドライフラワーも加えてもらって楽しい時間でした。

最後はアロマとは全然関係ない話で盛り上がったり・・・。

「女子」会のいいところですね。happy01.gif
やはりだから女性は長生きなのかな。

火曜日も引き続きあります。またどんな作品が生まれるか楽しみです。♡

日本植物園協会シンポジウム、行ってきました。

昨日、内藤記念くすり博物館での日本植物園シンポジウムに行ってきました。

ナードでおなじみの指田先生他、岐阜薬科大学からは酒井先生、

その他、水戸市植物園公園園長、金沢薬用植物園さんなど

多彩な講演会でした。

テーマは『江戸時代の妙薬と薬草』。・・なんですが、

中身はとてもそれに収まらない、植物の危機や未来につなぐ、大きな話でした。

 

午前中は内藤記念くすり博物館の紹介。

お昼には「薬膳カレー」を頂き、


 

休み時間に温室へ。

アロマテラピーやメディカルハーブで重要な、生きている(!)植物を見てきましたよ。

   
カユプテ、マテ、ミルラ、フランキンセンス・・

他にもバニラやカカオ。


カカオの学名は「神様の贈り物」という意味があるんですよ!

 

午後からは、薬草園での栽培の参考になる話もあったり、

各先生方の面白いお話もあり楽しい一日を過ごしました。

また、各植物園のボランティアの方々が一堂に会したのは初めてということで

活動報告会、懇親会もありました。

 

このシンポジウムの1日、植物園協会の代表が重ねて言われたのは、

「植物を絶滅から守らなければならない。」ということでした。

そして、そのために力を、

植物がどれだけ人間に貢献しているか考えてほしい、

皆さんが周りに広めていってほしいと。

植物がいなければ人間は生きていけない。

私も講座の中でよく話します。

植物を守るためにも、それをより良く知って、価値を知り、

利用することが、将来に残していくことにつながるんだと思います。

使わないものは廃れていってしまいますものね。

 

さて、講演で聞いた栽培を試したくて、春になるのが待ち遠しい私でした。

これから冬が始まるというのに・・

 

 

 

 

ハーバリウム

 
最近話題のハーバリウム。

体験してきました。

それぞれの個性が素敵です。

 

▲TOPへ