2016年1月の一覧

オウレン観賞会

先日お知らせした岐阜薬科大学薬草園、

オウレン観賞会の件を改めてしっかりとお伝えします。

 

『オウレン観賞会と春の特別公開』

2月14日(日)~3月21日(月)10:00~16:00

講演会 : 「オウレンについて」

水野瑞夫 岐阜薬科大学名誉教授

3月5日(土) 10:30~12:00

 

是非、一度訪れてみてください。

抗菌アロマ

   ←これは練り石鹸です。

2月に行う講座、

『生活に役立つ抗菌アロマテラピー』では

抗菌作用のある精油のご紹介をします。

これだけ聞くと、あぁ、ティートリーにシナモンにタイムとか・・。

はい、精油の作用で選ぶだけなら本にもたくさん書いてありますよね。

「リラックスにはラベンダー」とか。

 

今回予定している抗菌アロマでは、抗菌だけでなく、

抗感染、抗ウイルス作用の話もします。

なぜ、その精油を選ぶのか、どんな時に最適か、

どんなふうに使ったらより効果的か、

ほんとに抗菌力はあるのか、

実際にどんなところで、どう使われているのかをご紹介しながら

1歩踏み込んだ、すぐに使える情報をお伝えします。

 

同時に、精油だけでなく、ハーブの力も借りましょう。

「飲む」植物療法であるハーブティも大いに利用したいところです。

 

けれどhappy02.gif、あまりたくさん知識を詰め込むと

「なんだったっけ?」

という状態になりますので、何か1つ、忘れないで覚えて帰ってください。

そしてまた1つ。

そうやって香りの世界を広げていってほしいなと思います。

是非、ご参加ください。

 

『生活に役立つ抗菌アロマテラピー』

2月16日(火)  10:00~11:30

      21日(日)  10:00~11:30

抗菌スプレーを作ります。

於 : インザガーデン

費用 :   2,500円

ハーブティーのお土産付きnote.gif

ペットとアロマテラピー



時折、走っている車の窓から顔を出して気持ちよさそうに風を受けているワンコがいますね。

あれを見るととってもうらやましかったです。

「ワンコと一緒にドライブ」

いいですよねー。

その点ニャンコはだめです。

車に乗せようもんなら「ハァハァ」いって怯えてしまいます。

あるいは飛び出してどこかへ行ってしまう・・・。

ドライブはあきらめました。

 

ところで、講座をしているとペットにアロマはどうですか?とたまに聞かれます。

専門家ではないので詳しくはないのですが、

動物の中で犬と馬は人間と生理的に似ているため、

精油の使用も予測がつきやすいのでしょう、

動物病院でのティートリーによる消毒とかも行われているようです。

しかし、ペットでも猫の場合は、精油は慎重に、というか、

彼らは精油を解毒する酵素を持たないということなので、

うちでは使っていません。何より匂いに敏感だと思うので

あえて香りを使用することはしないようにしています。

猫は全般に柑橘系の匂いが嫌いみたいですね。

それどころか、うちのニャンコは精油の瓶を出したり、

スプレーボトルを振ったりしただけですごい勢いでどこかへ行ってしまいますよ。

 

ぺットとアロマテラピーについては私も少し勉強したいなと思います。

 

 

ハーブバス



 

バラもいいけどハーブもねicon_razz.gif

夏から秋に刈り取ったハーブ達を乾燥させたものをお風呂に入れます。

というか教室はとても乾燥しているので

飾っておくと上手く乾いてくれるのです。

写真は庭の薬箱で使ったカキドオシです。

あとは、ラベンダーに、ローズマリー、バジルにヨモギにミント達。

あら、全部シソ科の植物ですね。

シソ科植物は本当に薬効のあるものが多いです。

シソ科の簡単な見分け方知ってます?

茎の断面が四角だったらたいていシソ科です。

他には、花が口唇というか、上唇と下唇にわかれ、

香りの強いものが多い。そして、とっても丈夫。

日本の薬草といわれるもの、ウツボグサやキランソウ、メハジキなどもシソ科です。

これらは薬草園でも栽培していますので春から夏の見ごろの時期に

ぜひ見学に来てください。

そうそう、岐阜薬科大学薬草園では早春の恒例「オウレン祭」が2月中旬から

開催されますよ。

毎年楽しみにしていらっしゃる方が多く、皆さん熱心に写真を撮ってみえます。

実は今年は暖かかったせいか、1輪2輪すでに咲いているんですよwink.gif
でもこの雪で開きかけたつぼみもキュッと締まって、また眠りについたかも。

3月5日には名誉教授の水野先生の講演会も行われますよ。

こんなに群生しているのは珍しいようで、

その頃には山の斜面一面にオウレンが咲き乱れているはずです。

ぜひ可憐なオウレンの花に会いに来てくださいね。

セロトニン

昨日、ローズの精油の話をしましたが、

今日の新聞に「幸せホルモン、セロトニンが神経再生に効果」

という記事が載っていました。

体長1ミリほどの線虫での実験で、切断された神経細胞が、

再生するときに一時的にセロトニンを分泌していることを確認したそうです。

これによって、人でも同じ働きが確認できれば、

新たな神経治療の開発につながる可能性がある、ということです。

 

幸せな気持ちが精神に良いとはわかっていることですが、

細胞レベルで修復しているとは!

「生命」の不思議やシステムには本当に驚きます。

私は命令していないのに一糸乱れぬ働き。

全部脳が指令を出している?

いや末端では脳の指示待ちでなくて自分たちで自主的に

活動しているらしいのですね。

1個1個の細胞がそれぞれ生存しようとしている・・・

その塊が一つの命なわけで。

そうすると「私」って何?ってことになりますねー・・

ダメだ、深みにはまっていく。

図書館に行こう。

新しい、中央図書館、快適ですよ。happy01.gif

バラのお風呂



とうとうこの地域でも雪が降りましたsnow.gif
やはり₁月の終わりから2月にかけては寒いのですねー。

こんな夜にはお風呂であったまるのが一番です。

 

・・で、ローズソルトでバラ風呂・・・といいたいところですが、

ローズの精油はお高い!

でも1滴なら・・・。

ヒマラヤの塩はきれいなピンクで見た目にもローズ!

 

 

ローズは女性性を高め精神的な落ち込みに良いとされる精油で、

「幸せホルモン」がでる精油ともいわれますが、

身体に対しての作用も見逃せません。

皮膚の弾力を回復させたり、引き締めたり、

以外にも昆虫忌避作用もあったりします。

他にも免疫を調整したり抗ウイルス作用まであって、

女子力アップしながら風邪にも対抗できちゃいます!

なのでキーワードは「心と体に効く女性の味方」?

 

働く女性は時として女性であることを忘れがちになったり、

忘れなきゃいけなかったり。

そんな時にふっと優しい気持ちを思い出すために

こんな優雅なひとときを持ってほしいです。

もちろん男性にも。

男性にも女性ホルモンはありますから、

男性が女性性を高めることが戦争のない平和な社会を作ると思うのですが。

いきなり飛躍しちゃいました・・・。happy02.gif
 

とにかく、

 

寒い日にはあったまろって話でしたね。

ローズ1滴では美容効果も望めませんが、香りの力は大きいですから

湯船の中で深呼吸、自分へのご褒美にたまには贅沢してみてはいかがでしょう。confident.gif
 

 

講座のお知らせ

 

 



 

講座のお知らせです。

生活に役立つ抗菌アロマテラピー

2月16日(火)、21日(日)10:00~

 

今年はインフルエンザの流行が₁か月遅いそうですね。

暖かかったからでしょうか。

風邪やインフルエンザやノロウイルス。

この季節もいろんな感染症が私たちを襲ってきます。

そんな時、アロマテラピーが手助けしてくれます。

アロマテラピーの主役は精油ですが、

どんな時にどんな精油をどんなふうに使ったら効果的か、

精油にはどんな働きがあるのか。

自分のお気に入りの香りを見つけながら

私たちの周りの細菌やウイルスから身を守る方法を

ぜひ知ってもらいたいです。

参加費2500円。

 

何を一緒に作ろうか、ただいま思案中です。icon_rolleyes.gif
ちなみに冒頭の写真は「アロマな石鹸」デス。

手作りクリーム



精油で作るアロマなクリームheart.gif
容器にも凝りましょhappy01.gif
以前に講座で使ったピルケースが残っていましたので、

作ったクリームを入れました。

容器がいいと「上り」ますね。wink.gif
 

こちらは夜用に、ちょっとリッチテイストにしましたよ。

乾燥を防ぐシアバターも配合、あとはホホバ油とファーナス油。

水ベースには「若返りの水」でお馴染みの、ローズマリーのハーブウォーターを。

ハーブウォーターは賞味期限が短いので、開封したらせっせと使わねばなりません。

そして、乳化させてクリームの出来上がりです。

こちらも慣れれば簡単、それぞれ温めて混ぜるだけです。

クリームの硬さはミツロウや乳化剤の量などでお好みに調整出来ますよ。

そうそう、肝心の精油はというと、

ローズウッド、パルマローザ、ゼラニウム・エジプト、ローズマリー・ベルベノン、その他です。

シミも気になるのでセロリも入れて。

2%濃度にしました。欲張りです。

 

手作り化粧品は、防腐剤等が入っていないので

使い切れる量を少量づつ作ること、

清潔な道具、手で扱うこと、

冷暗所に保管すること、

など、いくらか気をつけたいことはありますが

自分の好きな香りで化粧品を作るって

ワクワクしますよheart04.gif
 

 

シワに良い・・・。

アメブロに書いたジェルですが、

そこに使ったフランキンセンスとヘリクリサムについてご紹介します。

フランキンセンスはご存知、「乳香」の呼び名で古くから宗教的な側面から語られ、

精神面での作用を期待した使い方が多い精油ですが、

主体の成分は樹木に多く含まれるもので、居ながらにして森林浴ができる精油ですwink.gif

森林浴の効果はすでに実証されているように、血圧が下がったり、血流が増加したり、

興奮を抑えて、副交感神経を活発にしたりと、体に対しての働きが優れているんですね。

それが結果、精神にもいいわけですが、

それだけでなく、

傷を治してくれる作用や、抗アレルギー作用も持っていて、

キーワードは「鎮め、癒す」でしょうか。

 

もう一つの精油、ヘリクリサムはもう、「アザにはこれ!」という一本です。

血腫抑制作用や血液凝固阻止作用はこの精油の大きな特徴で、

適用例は数知れず・・・。

打撲、骨折、むくみ、関節炎、セルライト、床ずれ、・・・

キーワードは「溶かし、流す」でしょうか。

ただしこの精油は、

妊産婦さんや、乳幼児、てんかん患者の方は注意が必要です。

それから、血液サラサラの薬を飲んでいる人は使用しないでくださいね。

 

ヘリクリサムの香りは何とも言えない香りで、以前は苦手でした。

でも最近、「柔らかい」という印象を強くしています。ロットにもよるのかもしれませんが、

においの印象はどんどん変化していきますね。

 

さてこの二つの精油にプラスしたのは、やっぱりicon_biggrin.gifラベンダー。

「滞りを流して、血液の流れを良くし、細胞の再生を図る」ことを目指しますicon_lol.gif
 

ジェルと一緒にクリームも作ったので、次回ご紹介しますね。

 

そして、講座のお知らせです。

『生活に役立つ抗菌アロマテラピー』

生活の中でアロマテラピーを実践してもらいたくて、

いろんな方法で利用できるんだというところを

ご紹介したいと思っています。

「抗菌」というのはその意味で取り入れやすくて効果も実感できると

思います。ぜひご参加ください。

2月16(火)、21(日)   10;00~      参加費2,500 円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ようこそアロマバーに。

今年最初の「お客様」がアロマバーに「来店」されました。

「いらっしゃいませ。」

 

珍しく男性の方です。

2種類の香りを作りたいとのこと。

一つは人に好印象を持ってもらえるような香り。

もう一つはマイカーで使うための香りです。

 

いろいろなお話をしながら、

シダーをベースにしたものと、柑橘系の香りを

チョイスされました。

シダーベースのものは奥深いいい香りで、

男性的な面にささえられた、繊細で洗練された感じ?

1か月後の熟成も楽しみなブレンドでした。shine.gif
柑橘ベースはもう「てっぱん」ですから間違いなくいい香りです。

 

香りのブレンドは本当に難しいですね。

やってもやっても自分の思い通りになりません。weep.gif
 

 

皆さんも自分だけの香りを作りにアロマバーにご来店ください。

たくさん揃えるのも大変だし、自分ではなかなか買えない高価な精油も

1滴2滴ならお安いもの。

 

アロマバーでは手軽にアロマクラフトを作っていただけます。

金額も初回は一律1500円。

なくなったら買いに行く日用品のように

皆さんの暮らしに溶け込んでいけるとうれしいです。

 

仕事に疲れた時、人間関係で悩んだ時、体調が今一つの時。

眠れない夜に、やる気の出ない朝に。

香りにちょっと頼ってみるのも案外効果を発揮するかも。wink.gif
 

では、今年もたくさんのアロマをご用意して皆様のご来店をお待ちしています!happy01.gif

1 / 212

▲TOPへ