日々のこと

「暑い夏を快適に!~クールアロマのご紹介」

   
暑い!暑すぎます!

きのう、薬草園はなんと39℃でした。

考えられませんね、あんな緑があって山の下で、しかも温度計は日陰なんですよ!!

7月の講座は少しでも気持ちのいい暮らしができるようなヒントをご紹介できたらいいなと思います。

そして、

先日の豪雨で被災された地域の方、ボランティアでヘルプに行かれる方。

本当に、体調に敏感になって休憩を取ってください。

知り合いもきょうは応援に行くということでした。

本当に気をつけて。

今朝はこれ。・・消化器系ハーブ、フェンネル、レモンバーム、ミント。

    
昨日の続き。

 

今朝起きたら、まだお腹がもやもやしていたので、

朝一番のお茶に「消化器系のハーブ」を摘みました。

昨日は「抗菌系」。効いたようです。

 

昨日は夕食抜きで何も食べてないので、さすがにお腹すいてます。

しかし、胃に何か入れるのはどうか❔と思いましたが、

お腹がすくということはまあ、大丈夫かなと。

朝ご飯は、軟らかめのうどん、食後にもハーブティを飲み、薬草園へ。

午後は新しい施設に講座の説明に伺いました。

快調とは言えないまでも夕食はしっかり食べられました、感謝。

明日も薬草園です。よかったら遊びに来てくださいね。icon_razz.gif

気持ち悪い!・・時もハーブ。

久しぶりのアップがこんなことで・・・・(;^ω^)


夕食前に急激に吐き気がして、

このままでは吐く!と思い、庭に走っていってハーブを摘んできた。

タイム、ペパーミント、ハッカ、セージ、とにかく良さげなものを摘んで

緑茶のカテキンにも頼り、お茶にして飲んだ。

しかし、すぐには良くならず、

思い切って吐こうと口に指を突っ込んではみたものの、

なかなか吐けないものですね。

涙と鼻汁が出るばかり。

う~ん、何かヘンナもの食べたのか?急激すぎるし~。

 

お茶を飲んで気をまぎらわすこと30分位?

ハーブのおかげかどうかはわかりませんが、

なんか治まって来たー。やれやれ。😥

 

落ち着いてきたところで、

これってどういう事なの?

どこかの何かの菌を拾ったの?

昔々、多分食中毒になった時は吐き気と下痢でしたが

「吐き気」は何がどうなって起こるのかな。

調べてみよう。

思いがけず綺麗な春菊の花。とコンフリー。


上手に育たなかった春菊を、そのままにしていたら

花が咲いてしまいました。

これが思いがけずきれいな花で。


ずっと咲いているコンフリーと合わせて見ました。

ざくっと入れただけでもいい感じ。

ハーブや野菜は花としても充分見応えありますね。

 

最近花を飾ることもなかったな・・・・。

これからシーズンですねheart.gif

畜産センターでの1日


土曜日に岐阜市畜産センターのスプリングフェスタに

出店してきました。

朝から快晴でまさにフェスタびより!

 

ブースの向かいでは乗馬体験の引き馬さんが小さな子供たちをのせて

ゆっくり歩いています。

時折吹く風も心地よく、久しぶりののんびり気分を味わいました。


教室に戻ると、駐車場の脇にアオイが花を咲かせていました。

はや!

品種がわからないのが残念です。

今年は気候がおかしくて植物も調子が狂っちゃうんでは?

 

イタリアンパセリモリモリ


うちの、ほんの畳一畳ほどのハーブコーナー。

色々なハーブが芽を出したり、緑が濃くなってきたり、

日に日に大きくなっています。

そんな中、イタリアンパセリが異常に元気で・・・。

生で食べるには硬くて、なのでドライにしようと思い、

半分摘んで教室に。(教室はホント!乾燥してるんです。)

 

なかなか乾燥しないかなー・・。

こういうときはレンジがあるといいかもねー。

 

・・・・うちには電子レンジガないのでス。

 

セルフメディケーションと痛み。27日の新聞から。

 
27日の中日新聞にハーブとアロマテラピーの可能性を感じる記事が載っていました。

1つは、幼児期に予防注射などで痛みや不安を強く感じると、

将来、痛みや恐怖に過敏になることがあり、

そのために東京の、あるクリニックでは、

おもちゃやビデオで子供たちの気をそらして、痛みを減らす工夫がされ始めたそうです。

さらに昨年から希望者には、塗る外用局所麻酔剤が使われているとのこと。

私も歯が痛くなった時などによく即席で鎮痛クリームを作ってとても助かっています。

アロマテラピーの出番ですね!

精油には鎮痛作用や軽い麻酔作用を持つものがあります。

小さい子供たちが痛みのトラウマを抱えないためにも

過大な不安や恐怖を感じないためにも

アロマテラピーをお役に立ててください

 

もう一つの記事は、

日本の医療制度の危機、という観点から

軽い症状の場合は「家庭薬」で早めに対応しましょう。というものです。

自分で自分の健康を管理をしようということですね。

ハーブやアロマテラピーは家庭の「自然」の薬箱です。

症状を緩和するためだけでなく、予防に力を発揮します。

ぜひバンドエイドや包帯の隣に自然の薬箱もshine.gif
 

新聞にあった2つの記事は、まさにこれだ!というものでした。

ハーブやアロマテラピーがもっと普通に、

もっと一般的に広がるといいなと本当に思います。

「え?モーニングアタック?」花粉症対策講座の後に・・・。


昨日は、春もまじかな2月終わりの講座。

いよいよ季節が来たな。という花粉症についての講座でした。

日常生活に支障をきたす!ほどでなくても悩ましい症状を何とか軽く出来るように

アロマとハーブでできる花粉症対策をご紹介しました。

 

と、次の朝、

目が覚めて起きようかという時、

「ゲホ!ゴホ、ゴホ、ゴホ!ゲホゲホ。」

え~!?きのう話してたばかりのモーニングアタック~?!

ついに私も?!

「モーニングアタック」は、副交感神経の活発な時に起きるもので

睡眠明けの朝方に良く起こることからそういわれます。

ゲホゲホしながらも身支度をととのえ出かける準備をし、

仕事先につく頃には治まっていました。

交感神経が優位になったのでしょうか?

私もいよいよ対策ジェルを作って置いた方がいいかな?

体験講座で思うこと。~アロマテラピーとメディカルハーブ。

Fotolia_71273585_Subscription_XXL-240x159    
インザガーデンでは、それぞれの方にあったものを受講していただけるように

色々な講座をご用意していますが、

「体験講座」を受けて頂くと、いつも初心に戻る、

というか戻らせてもらっています。

受講者さんの興味津々の顔(^^)/

知らないことを知ったときのキラキラした目✨

クラフトを作る時の、実験みたいでワクワクする感じflair.gif
 

好きなことを一緒に学ぶ楽しさを感じます。

 

体験講座を受講される皆さんは動悸はさまざまですが、

新しいことに興味を持った時が始め時!

1年は始まったところです。

新しい世界への扉をあなたも開いてみませんか?

今の、将来の、自分のために。

 

1 / 612345...最後 »

▲TOPへ