先日、「全く違う病気なのに認知症と誤診され、長い間薬の服用を続けても改善せず、

副作用にも悩まされている人が多い」

という記事を読みました。

その後、ちょっと古い号ですがアロマトピアを読んでいましたら、

「単なる栄養欠損または偏りによる症状を呈しているだけである。

と思われる方が大部分であるにもかかわらず、強い抗うつ剤を連用し、

手放せなくなっている現状がある。」

という植物療法の連載を見ました。

アンダーラインが引いてあるので確かに読んだはずですが、

すっかり忘れていますicon_eek.gif
記事の内容は、

・心身の不調を抱える人の食傾向、

・身体と心を作る栄養、

・うつの予防と改善のためにできること

 

私たちの身体は当然のことですが、「食べた物」でできています。

きょう、きのう、去年、三年前、長い長い積み重ねによって

今の細胞の在り方が決まっています。

(先週の健康診断では善玉コレステロールが多くて、ほっと一安心。)

 

栄養の取り方を考えるとき重要なのは、酵素である、と言います。

酵素を働かせるためにはビタミン、ミネラルが必要になってくるんですね。

うつの症状にはセロトニンが鍵になっていますが、

これが放出されるにはカルシウムが必須ということです。

そして、カルシウムが機能を発揮するにはマグネシウムが必要であると。

また、吸収スピードの速い糖、ブドウ糖、果糖などを半年以上摂り続けると

低血糖症に陥り、血糖値の乱高下がインスリンの過剰分泌を促し肥満になり、

さらに肝臓ではコレステロールが作られなくなるため低コレステロール状態になり

脳への供給が減って、セロトニンの機能が異常をきたし、心のバランスが乱れて

結果、「うつ」の症状に陥る。

ほかにもいろいろなビタミン、ミネラルが心を支えているということが

具体的にわかりやすくまとめてあります。

 

うーん、全部つながっていますね。

結局は、季節の食物を新鮮な状態でまんべんなく、

なるべく精製せず、よく噛んで腹八分目に食べる。

ということですね。

こう言ってしまうと身もふたもないですが。

 

興味のあるかたは、フレグランスジャーナル社のアロマトピア96号をご覧ください。


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□
in the garden(インザガーデン)

【TEL】090-1413-8998
【住所】岐阜県岐阜市南蝉1-142 Kビル
【営業日】火曜日、日曜日
【営業時間】10:00~17:00
※お電話は、時間外でも受付可能です。

☆お得なHP特典あり!
□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□
岐阜市で、アロマ教室ハーブ教室(アロマテラピー,メディカルハーブ)をお探しなら「in the garden(インザガーデン)」へ!
ナード・アロマテラピー協会認定校][日本メディカルハーブ協会 認定教室