先般、

図書館でハーブ関係の本を借りて読んでいました。

すると、「ん?」という箇所がありました。

「ハニーサックル」和名/スイカズラ  とありました。

ハニーサックルとスイカズラは別物ですよね?と思い、

調べてみますと、

ハニーサックル・学名/Lonicera caprifolium 和名/ニオイニンドウ

スイカズラ  ・学名/Lonicera japonica 和名/スイカズラ、忍冬、金銀花

となっています。スイカズラは英名ではジャパニーズハニーサックルと呼ばれるそうで

いつの間にかジャパニーズが取れてしまっているのでしょうか。

 

このように和名、別名、英名などがごちゃごちゃになって書かれている書物が時々あります。

細かい名前だけのことならいいのですが、紛らわしい名前を付けたために

毒性のある植物を誤ってハーブティーとして利用してしまう危険があります。

例えば「カロライナジャスミン」。

ジャスミンとなっているので、ジャスミンティーとしてお茶にして飲んでしまった例があるそうです。

カロライナジャスミンは危険な毒性のある植物です。

植物の名前の付け方について、

園芸業界?方面の方々にはそういう危険を回避してほしいですね。

全部学名を併記するとか。

 

そして、その本のほかのページにも、

発がん物質があるとして内用はされていないコンフリーが

ティーとして紹介されていたり、

また別の料理本では、

これも毒性のため決してハーブティーとしては飲まないペニーロイヤルミントが

人気のあるお茶として紹介されていたりしました。

両方とも、書かれたのは少し古いものですが、

後者は2016年発行なのでそれほど古くないですね。

このように、自分が勉強したことと違うことは時々あり、

時代が変わると新しい発見や知見が次々に現れることと、

日本と海外での伝統や扱いの違いがある気がします。

便秘に効くと人気のゴボウ茶ですが、

日本では野菜ですし、ある国では薬草扱いです。

またある国では単なるその辺に映えている雑草です。

ところ変わればですね。

 

とにかく、やはり自分が利用しようとするときに気を付けたいのは、

なるべく最新の情報を得るということでしょうか。

先の紹介した本は、外国で出版されたものの邦訳本でしたが、

外国人と日本人では体質なども違うので、

できれば日本での安全な利用のされ方を知っておくといいですね。

 

本を読んでいてちょっと気になったので書いてみました。

 

 

 

 


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□
in the garden(インザガーデン)

【TEL】090-1413-8998
【住所】岐阜県岐阜市南蝉1-142 Kビル
【営業日】火曜日、日曜日
【営業時間】10:00~17:00
※お電話は、時間外でも受付可能です。

☆お得なHP特典あり!
□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□
岐阜市で、アロマ教室ハーブ教室(アロマテラピー,メディカルハーブ)をお探しなら「in the garden(インザガーデン)」へ!
ナード・アロマテラピー協会認定校][日本メディカルハーブ協会 認定教室