メガクライシス~感染爆発!


先日のNHK「メガクライシス~ウイルス感染爆発」見た方みえると思います。

それが明日起きるのか、10年後か20年後かわからない。

何て恐ろしい!

 

人間の生活が引き起こすパンデミック。

もう映画の中の話でもSFでもないんですね!

今も岐阜県で鳥インフルエンザが見つかったとニュースが伝えています。

 

昔、発掘のアルバイトをしたことがあるんですが、その時に

(この古代の地層から未知のウイルスが発見されて

バイオハザードが起きるかも。小説書こうかな。)

なんて思ったことがありますが、

それが現実になろうとしている今、なんて不謹慎なことですよね。

でも本当に、番組でも何万年も前の氷河の中から新ウイルスが発見されたり、

今まで人間が立ち入らなかった熱帯のジャングルからとか、

動物にしか感染しなかったウイルスが人間に感染する能力を獲得する、

それが一度に同時多発的に起きたら!!

 

すでに外出規制などのパンデミック関連の特別措置法が出来ていると言っていました。

その時あなたはどうする!

ドキュメンタリーのタイトルみたいですが

最悪の場合、日本の人口の4分の1が死亡するといわれているのです。

 

そこでアロマテラピーは役に立つのか。

 

立ちます。

 

雑貨である精油は、薬事法で

「効く」といってはいけない。となっています。

でも自分の実体験を言うことはできます。

効きます。効きました。

前にもお伝えしたように、風邪を引いたかな、と思った時に

ありとあらゆる方法で精油を使いました。

(うちには、いわゆる薬というものがありません)

吸入、芳香、皮膚塗布、入浴、・・・。

すると二日目の午後からスーッと不快感が抜けていくのがわかりました。

実感として、目に見えるように身体から抜けていったのです。

不思議な感覚でしたよ!

 

普段から室内で芳香している人はそうでない人に比べ、

感染症にかかる比率が低いこと、

風邪をひいても直りが早いとか、症状が軽いといったデータもあります。

精油の成分は、いわゆる「薬」と違ったアプローチで体に作用するものがあります。

この道を行ったら穴に落ちてしまった(副作用)。

そうしたときにこっちの道から行ったら目的地に着けた。

といったイメージでしょうか。

しかも大雨ならレインコート着て、長靴はいて、傘さして・・・

という具合にいろんな備えで雨の中を歩いて行ける。

といったイメージです。

そんな、多様で力になってくれる精油の役に立つお話を、

今回、せひ是非聞いてほしいです!

 

1月の講座は

「アロマテラピーで風邪予防」です。

この季節に頼りになるハーブのお話もしますよ。

1月17、22、24日  10:00~

参加費2500円です。

 

本当に聞いてほしいことです。

皆さんお待ちしています。

 

 

 

 

▲TOPへ